2019年9月8日日曜日

ムーニー小説劇場 「トラック浪花節」

※あくまで、事実を元にしたムーニーの妄想、ノンフィクション小説です。

2019年9月某日木曜日、11時38分に品川駅を出た快速特急電車は、間もなく、この私鉄最高速運転となる区間に達しようとしていた。運転士はノッチ(車で言えばアクセル)フル加速、通過する駅の駅名も読めないくらいの速度だった。

一方、千葉県生まれ、千葉育ち、成田の小さな運送会社に勤める、成宮淳史(仮名)67歳は、13トン積みの4軸大型トラックを運転し、一方通行の狭い路地に入り込んで徐行運転をしていた。
「チキショー、あの原付がいなきゃ、Uターンできたのに。。。まさかあのタイミングで直進してくるなんてよぉ。。。」
プシュー、プシュー、と、トラックのエアブレーキが、歩行者に接近するたびに悲鳴を上げている。
こんな道では、13トンの箱車をバックさせることはできない。もう少し進んで曲がれば、広い道に出られるはずだ。
そのはずだった・・・。

成宮は、昭和27年、千葉県に生まれた。子供の頃は、おとなしい方だったと言える。兄が2人いたから、どちらかというと、甘えて育ってきたのかもしれない。
自分の意見を言わなくても、兄が率先して物事を進めてくれた。
18歳で高校を卒業した。小さいながら農家だったが、家は兄が継ぐため、成宮は高校御卒業してすぐに、東京の大手家電メーカーに就職した。就職したころは、1970年、高度経済成長末期で、まだ、「集団就職」なんて言葉も通用していた。成宮のように、おとなしい、まあ、平凡な高校卒業でも、当時イケイケだった一流家電メーカーは、就職の門戸を広く開けていたのだ。就職した後は、全国の工場を転々とした。その工場の雰囲気に慣れた頃に、転勤の辞令が出る。おとなしい成宮は、社内になかなか仲の良い友達を作ることが出来なかった。
そんな中で、一番面白かったのは、九州工場時代だっただろうか。酒から女まで、地元九州出身の、先輩にあらゆる悪いことを教えてもらった。
1980年、28歳の頃、東京本社勤務になった。千葉の実家からも約1時間足らずで通えるように、という、社内の配慮もあったと思う。
地元の旧友との交流も戻ってきた。そんな時、人からの紹介で、今の妻と知り合うことになった。
1年余りの交際を経て、結婚。1982年、30歳の頃、第一子誕生。女の子だった。
会社の仕事も忙しく、家に帰るのは毎日終電近かったが、それほどお酒が強くなかったし、子供の顔を見るために、毎日ちゃんと家に帰ることが楽しみだった。
男家庭で育った成宮にとって、女の子の成長過程を見るのは、もの珍しくもあり、しかし、かわいくて仕方が無かった。
1985年、第二子が誕生。こちらも女の子であった。

その後、バブルが崩壊。
IT革命も起きて、日本を牽引してきたともいえる家電メーカーは、一気に苦境に立たされた。

1997年、成宮は45歳。本社勤務だった成宮の元に、子会社への出向、分社化された東北地方への勤務が言い渡された。
長女は、中学性になっていた。小さいころ、あんなになついていた成宮とは、今は、顔を合わせるたびにケンカをする日々だった。
今思うと、年頃になった娘に対して、少々口うるさかったかもしれない。
娘は二人とも母親になついてしまい、自分が仕事で家を不在がちだったことを今更ながら悔やんだ。
そんな中での出向の辞令だった。
会社には友達も少ないし、自分の勤務する家電メーカーは、海外企業との提携を視野に入れているとの噂も飛び交っていた。

変に責任ばかり増えている自分の立場にも苛立っていた。
子会社への出向は、片道切符だ。
今更、全く知らない社員にどう接していけばよいのだろう。
関東近県に戻ってこれるのはいつになるだろう。
今更単身赴任をすれば、家庭の中で成宮の存在はますます薄くなるに違いない。
家と、会社のストレスで、押しつぶされそうになりながら、成宮は、誰にも相談できないでいた。

世間は「就職氷河期」とも言われる時代で、大学新卒でさえ、就職に苦難する時代だった。
しかし、成宮は、19年間務めた大手家電メーカーを止める決意をしてしまう。
そろそろ、自分一人でもう少し気楽に仕事をしたい、そんな思いで、成宮は会社の出向辞令を蹴った。
秘かに、地元の転職情報誌で見た、大手運送会社の運転手募集広告に応募していた。
「就職氷河期」と言われる時代だったが、新卒から19年間、真面目に勤務していたことが評価され、運よく成宮は、その大手運送会社への転職が決まったのだ。
成宮の中では、「大手」家電メーカーから「大手」運送会社へ、という「大手」への安心感もあった。
年齢は、45歳、高卒で就業できる企業なんて限られていたし、給料面の待遇はほとんど変わらなかった。
普通免許で運転できる、4トントラックの運送業務から、成宮の第二の人生はスタートしたのだった。

大手運送会社で、最初は、千葉県内の配送拠点から、2トンや4トントラックでの宅配業務に従事していた。

もちろん、その運送会社では、10トンを超える大型トラックでの配送拠点間の長距離業務の方が、待遇が良い。
会社の中でも大型免許の取得支援もあった。
それに加えて、成宮の家庭事情も、成宮に大型トラックでの長距離業務への決心を強めさせた。
成宮は、1987年に、千葉の実家の近くに、一戸建ての家を購入し、その住宅ローンもあった。
そして、中学、高校に進んだ娘たちの中で、家庭での存在感がどんどん希薄になっていく意識もあった。

成宮は寂しかった。
「寂しい思いをする家庭に帰りたくない」そんな思いもあった。
会社の大型免許取得支援制度を利用し、1999年、47歳で大型免許を取得した。
前の会社に残っていたとしても、単身赴任ならば、大型免許を取得して、長距離配送業務になって家に帰ることが少なくなっても、結局は同じではないか!という思いもあった。

1999年、成宮47歳。
成宮の業務は、関東から関西、九州、四国、東北、北海道、全国への長距離大型トラックの運転手となった。
<つづく>
#ムーニー劇場
#ムーニー小説劇場
#トラック浪花節

2019年5月16日木曜日

三菱ふそう ザ・グレード船底ダンプ

本日会社に行く途中、とうとう捉えました!!
三菱ふそうザ・グレート、船底ダンプ!
興奮を抑えながら、お声かけて、作業範囲外から撮影!
グリル形状から、1986年改良型と思われます。
「トラック野郎」の一番星号で有名な、三菱ふそうFシリーズから、1983年にモデルチェンジ、角目ライトと直線系の近代的な外観と共に、三菱ふそうのトラックのラインナップ「キャンター」「ファイター」「ザ・グレート」が出そろいました。
写真のダンプは、自衛隊でも同型を採用された、1986年改良型と思われます。
グリルの「FUSO」の文字が車体色に塗られ、おでこの速度表示灯は外されているようです。


以前から、伊勢原、平塚近辺で生息していることは確認しており、2018年12月に走行中の姿を慌てて撮った写真がこちらです。
青い車体、赤いシャーシ、バリバリの現役!!
昭和→平成→令和を生き続けたダンプ!!末永い活躍を!!
#旧車
#はたらくじどうしゃ
#ザ・グレート
#三菱ふそう

2019年4月30日火曜日

平成最後の日に平成元年

平成元年のボクです!父撮影。
平成31年4月30日、みなさまいかがお過ごしでしょうか?
コトデン=高松琴平電気鉄道、瓦町駅、旧駅舎が残っています。(1994年解体)
瀬戸大橋が開通して、ボクは高松、瓦町にあった鉄道模型店「レイルハウス高松理工」に、当時岡山では手に入らなかったメーカーの模型を求めて購入しに来ていたのでした!!笑笑
まだ、平成元年のコトデンでは、こんなのが普通に走っていました。
元京浜急行デハ230。
ホビーセンターカトーに保存されていますね。
もう、ボクは鉄道写真に目覚めていましたw
カメラは、親の持っていた「フジカデート」
http://www.asahi-net.or.jp/~rd2h-ari/FU_DATE.htm
なんと、写真に日付が入る!素晴らしいカメラでしたw

そしてここからディープな話題です!!
平成元年、「金利家」の本家がある中国勝山(旧真庭郡勝山町、今の真庭市)によく来ていました。
今も久世と共に真庭市の中心的な町であり、姫新線の津山~新見間でも、津山発、中国勝山終点の列車も走っています。
しかしながら、駅は平成12年に駅舎が建て替えられて、委託駅となりました。今でも車両の夜間駐拍もあるようで、平成14年には、夜間駐拍中の無人の列車が、ブレーキの利きが甘かったらしく、夜中に久世方面に無人暴走する事故(被害者は無し)も起こったりしました。
その中国勝山、平成元年3月10日までは、何と大阪発、中国勝山行の急行列車が走っていました!!
急行「みまさか」。
「みまさか」は、「美作」と書きます。津山藩を中心に、岡山県で旧美作国のあった北東部の「美作」に由来します。
津山まで、鳥取行の急行「みささ」と併結されていたので、急行「みささ・みまさか」と記憶されている方もいらっしゃると思います。(←いや、記憶に無い人の方が多いだろう。。。)
 中国勝山駅、急行「みまさか」です。
とは言っても、津山から中国勝山間は各駅停車扱いで運行されていたので、急行「みまさか」単独で走行する区間は無いので、ややこしいですね。。。
「みささ」も、津山から鳥取間は、砂丘に併結されたので、「みささ」単独では走らないのですが。。。
改札口から撮った写真。この頃は駅員もいたので、入場券無しで無理やり撮った写真です。この日は、キハ58、キハ28、窓枠からキハ65の3両編成!?
記憶では、急行「みまさか」の到着を時刻表で調べたので間違いないとおもうのですが、「みささ」はグリーン車を含むキハ28、キロ28、キハ58の3両編成だったので、津山までは「みまさか」と併結して、6両だったのでしょうか?
おまけで、平成元年、中国勝山駅、駅前。
勝山の「ボンエース」!ラーメンが非常に不味かったwww
中鉄バスの日野ブルーリボンも懐かしい笑
このブルーリボンの同型が、昨年まで残っていたのですから、中鉄バスも素晴らしいですね。



2018年7月8日日曜日

LSEラストスパート!!


 いよいよ、7月10日(火)で、小田急ロマンスカーLSEの定期運行が終了します。
今日は、朝から仕事で東海大学のラグビーイベントだったのですが、終了後、居ても立ってもいられず、LSEのラストスパートの写真です。
はこね84号。
上の2枚、実はスゴイトリミング写真でして・・・
最終の土日、撮影者も増え、引くと既に先客がいらっしゃいました。。。
今日も、伊勢原や東海大学までの沿線だけでも多数のカメラマンがいらっしゃいました。
ボクも正直、「にわか鉄道カメラマン」になっています。気持ちはわかりますが。既に大和駅でトラブルがあったと聞きました。マナーを守って、温かくLSEの最後を見送りましょう!!
 ひまわりと絡めた、LSE後追いの写真。。。ありがとう!!LSE!!


2018年6月24日日曜日

小田急LSE 大山に沈む日を背に




小田急ロマンスカーLSE、昨日は、「はこね84号」に乗車しました。
本日は、伊勢原の自宅近辺にて、大山に沈む日を背に走る姿を写真に写して参りました。

2018年6月3日日曜日

本日も小田急LSE追っかけ!

本日も伊勢原周辺でLSEを追っかけてみましたw
はこね4号。
  
 はこね23号。

 ちょっと場所を変えてVSE。
 昨日と同じ場所から、はこね84号。
鳥が飛んだタイミングは絶妙だったんすけどね。。。
大山を背に。今日の方がクリアに晴れていました!
同じ構図でGSE。新時代が来ますね。



2018年6月2日土曜日

小田急LSE 7月10日で定期運用引退!!

とうとう小田急LSEの引退日が発表されてしまいました。。。涙
2018年7月10日で定期運用引退、そして、今年度中に完全引退。。。涙
本日の「はこね84号」です。
逆光ですが、大山を背景にして。。。
もう来年、田んぼがしろかきをする時期に、LSEはいないのですね。。。涙

小田急沿線民になって、まだ3年ではありますが、「スター」「レジェンド」と思わせる列車を生み出した小田急は、やはりすごいと思うのです。
そして、ボクが鉄道趣味に目覚めた時から、ずっと第一線を走り抜いたLSEは、やはりボクにとってもレジェンドなのです。
とにかく、残された時間、乗ろう!撮ろう!!
ついでに、「はこね23号」です。